個人情報取り扱いについて
 特定非営利活動法人福祉開発研究センターでは、利用者様のご要望にお応えできるよう日々努力を重ねております。利用者様の個人情報につきましては、個人情報保護法を遵守し、適切に保護・管理することが非常に重要であると考えております。そのため、当事業所では、以下のプライバシー保護マニュアルを定め、確実な履行に努めます。
1.    個人情報の収集について
 当事業所が利用者様の個人情報を収集する場合、利用者様の介護にかかわる範囲で行います。利用者様の個人情報とは、名前・住所・生年月日等の個人を特定する事項であり、プライバシーには、身体・精神・経済・家族状況や相談内容、及び地域からの情報等の事項も含みます。
. 個人情報の利用及び提供について
 当事業所は、利用者様の同意を得たうえで、個人情報・プライバシーを以下の目的で使用させていただきます。

1  適切なサービス提供のための主治医・サービス提供事業者・その他の関係者等との連 絡調整

2 介護保険上のサービス利用において法的に要求されている居宅サービス計画書サー ビス利用票(別票)

 提供票(別票)・サービス事業所毎の計画書等の作成

3  サービス担当者会議(含:照会内容票)

4  事故・ヒヤリハット報告書の作成

5  国保連合会への請求事務

6  行政への申請書・報告書の作成

7  匿名化したうえでの研究資料

ただし、下記の場合は除きます。

・利用者様の了解を得た場合

・個人を識別あるいは特定できない状態に加工して利用する場合

・法令等により提供を要求された場合

. 個人情報の適正管理について
 当事業所は、利用者様の個人情報について、正確かつ最新の状態に保ち、利用者様の個人情報の漏洩、紛失、改ざん又は利用者様の個人情報への不正なアクセスを防止することに努めます。当事業所は、利用者様の個人情報について利用者様が開示を求められた場合には、延滞なく内容を確認し、この「プライバシー保護マニュアル」に従って対応いたします。また、内容が事実でない等の理由で訂正を求められた場合も、調査し適切に対応いたします。
. 法令の遵守と個人情報保護の仕組みの改善
 当事業所は、個人情報の保護に関する日本の法令、その他の規範を遵守するとともに、上記の各項目の見直しを適宜行い、個人情報の仕組みの継続的な改善を図ります。
. ガイドラインの尊重
 当事業所は、厚生労働省「医療・介護関係事業者における個人情報の適正な取り扱いのためのガイドライン」の趣旨に基づきプライバシーの保護に努めます。
 もどる