福祉開発センターの紹介
居宅介護支援事業 はなまる
訪問介護事業 元気
情報誌発行事業
福祉用具修理・販売事業 無限
イベント
事務所の地図
リンク集
掲示板
メール
理事長の独り言
ガンバレ ゴールデンベアーズ
障がい者自立支援法ヘルパー派遣 GENKI事業部  
ホームヘルパーが、障がい者・高齢者のお宅に伺い日常のお手伝いをさせていただきます。障がい者の真の自立支援を目標としています。
皆、人生は一度しかありません。たとえ、身体に重い障がいがあっても、豊かで意義のある生活が送れるよう私たちはこの事業に全力を注ぎます。
ヘルパーと食事をしている写真



ヘルパーさんと昼食
     おいしそうだな〜♪

 

どこに行くんだろう?
楽しそうですね。

現在は70名近いヘルパーさんが活躍しています。当事者団体という特徴を生かし「かゆい所に手が届く介護」を心がけています。
当初は、事務所に理事長と介助者、事務の3人しかいませんでしたが、2003年7月には事務所も広い所にお引越しして職員も増えました。


福祉移送運送 アクセル事業

「アクセル」とは

ご利用にあたって(要約)
料金表
 私たち福祉開発研究センター(WDRC)は、当事者の視点から福祉用具の研究と、それを開発するサークル活動からはじまりました。のちに当事者の生活をよりきめ細かくサポートを行うようヘルパー派遣事業へと拡大してきした。
 障害者自立支援法や介護保険などを通し、様々な問題が浮き彫りになる中、やはり、大きな課題として外出問題は欠かせないということに至り2011年3月より関東運輸局に自家用有償旅客運送者登録を行い、福祉有償運送事業を始めました。

 ☆ ポリシー☆

 天候に左右されず、また「ストレッチャー」をはじめ、多様化する車椅子にとって、まだまだ一般交通機関は完璧とは言えない状態にあります。
 「行きたいところに中々行けない」「福祉タクシーは混んでいる」という利用者様からの多くの相談や質問に対し、スタッフ一同誠心誠意応えていけるように新たな事業として、福祉移送サービス「アクセル」を始めることになりました。

事前登録が必要です。
 利用契約を結んでいただきます。
 
また、年会費3千円 が必要です。

モデルケース
 パンフレットは、こちらから。

 ↑
右クリックすると保存ができます。

2
ご利用を希望する日時、行き先を
お伝え下さい。
3

受付は、ご利用日の二ヶ月前から一週間前までの
期間と致します。
 
ただし、 緊急を要すると事業者が
  判断した場合は、 この限りではありません。

4
利用目的は限定いたしません。
 通院、通所、買い物、レジャーなど。
5
受付は、原則として先着順とさせて頂きます。
6
ドライバーがヘルパーを兼ねることはできません。

7

料金表に基づく費用が発生いたします。

よくある質問Q&A


 利用にあたって何か条件はありますか?        
 2つあります、登録上の条件と場所の上の条件です。
「登録上」とは”身体障害者福祉法第4条1項に規定する身体障害者”および、”介護保険法第19条1項に規定する要介護認定を受けている者”を指します。「場所の上」とは、発着地のいずれかが町田市内と限られています。


Q 何人か複数で利用することは可能ですか?

 
大丈夫です。料金は車1台でいくらと計算しますので、乗車人数は問いません。

 
さらに詳しい内容をお知りになりたい方は遠慮無くおたずね下さい。

 ◎距離…30円/km

 ◎時間…最初の一時間まで1,300円

     以降15分増すごとに325円加算

距離および時間の合算によって料金が決り
ます。
「距離」は車庫出発時から、「時間」
は、乗車時から起算します。

深夜・休日割増制度があります。


距離の計算
(ア)+(イ)= 7+8=15km×30円=450円
時間の計算
(B)のみ =25分=1,300円
合算料金
450円+1,300円=1,700円

有料介助サービス アテンダント
自立支援法をはじめの受給時間以外でも自費によるヘルパー派遣を行っています

もどる


   
NPO法人福祉開発研究センター 地域と障がい者をむすぶコミュニティーサイト WDRC Welfare Devlopment Research Center