NPO法人福祉開発研究センター WDRC
福祉開発センターの紹介
居宅介護支援事業 はなまる
訪問介護事業 元気
情報誌発行事業
福祉用具修理・販売事業 無限
イベント
事務所の地図
リンク集
掲示板
メール
理事長の独り言
ガンバレ ゴールデンベアーズ
居宅介護支援事業所の名称:
はなまる事業部

はなまる事業部について:

介護保険制度のケアマネジャー(介護支援専門員)がいる所です。
介護保険制度では利用者様が市町村に申請して認定を受け、認定の度合いによって決められた額の範囲内でサービスを利用できます。
その際、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成したり、サービス事業者と連絡を取って調整をしたりするのがケアマネジャーですが、 ケアプランは利用者様に御自分で作成して頂くことも可能です。


「ほのぼの」との違い:
はなまる事業部は、ご利用者様(高齢者)のケアプランを作成します。
ほのぼのは訪問介護事業で、ケアプランの中のサービスの一つです。
利用者様のご自宅に訪問してサービスを行います。

利用する際の手順:

まずは認定証(介護保険被保険者証)が必要になります。
以下の1〜5の流れで認定が決まります。
 
1「申請」  …市町村の窓口で本人や家族が認定の申請を行います。
 2「認定調査」…市町村の職員などが自宅を訪問し、聞き取り調査を行います。(訪問調査)
 3「一次判定」…調査内容を基にコンピューター入力により判定します。
 4「二次判定」…一次判定結果や主治医の意見書などを基に専門家が審査。
 5「認定」  …非該当(自立)、 要支援1、2、 要介護1〜5


サービス利用申し込みに必要な物:
認定証(介護保険被保険者証)
ケママネジャーが担当するのは主に要介護1〜5の方です。

利用対象となる条件:
65歳以上の高齢者で介護や支援が必要と判断された方「第1号被保険者」
40〜64歳までの方で16種類の特定疾病があり 介護支援が必要と判断された方(医療保険に加入していることが条件)「第2号被保険者」
 

介護保険についてわかりやすいページはこちらへ。

主な担当者:ケアマネジャー:
村瀬信行

営業日、営業時間:
祝日を除く月曜〜木曜の9:00〜18:00 *ケアマネジャーが不在でも職員が対応します。

注意事項:
ケアプラン作成に際しては、ご利用者様の金銭的な負担はありません。但し、介護保険で認められたサービスを利用する際には、介護度に応じて月々利用できるサービスの 限度額が異なり、それぞれの額の1割をご利用者様に負担して頂きます。(自己負担)


■ほのぼの事業は、介護保険が対象になるご利用者様のケアープランに基づきヘルパーを派遣する事業です。高齢者の方や特定疾病でお体がご不自由になられても心豊かな生活が送れますよう誠心誠意介護することを目指しております。

■介護保険のことでご不明な点がありましたら遠慮無くご相談下さい。
           
042-724-2940


法外(法律で定められた時間数を超えた場合)でもご利用頂ける『アテンダントサービス』もご用意いたしております。

NPO法人福祉開発研究センター 地域と障がい者をむすぶコミュニティーサイト WDRC Welfare Devlopment Research Center