NPO法人福祉開発研究センター WDRC
福祉開発センターの紹介
居宅介護支援事業 はなまる
訪問介護事業 元気
情報誌発行事業
福祉用具修理・販売事業 無限
イベント
事務所の地図
リンク集
掲示板
メール
理事長の独り言
ガンバレ ゴールデンベアーズ
NPO法人福祉開発研究センター 地域と障がい者をむすぶコミュニティーサイト WDRC Welfare Devlopment Research Center
 WDRCでは、新たな福祉機器の研究・開発を行っています。
 福祉機器は「メーカーが作りたいもの」、「エンジニアが作りたいもの」がまず先にあり、そのデザインや機能は技術的な可能性と予定されたコストの範囲内で開発されていきます。
 また、その機能は「残存能力を生かす」、「欠落した機能を補う」という医療的な視点が重視されます。それはとても意義のあることなのだと思います。しかし本当にそれだけでいいのでしょうか?

 電動車椅子に乗る人を例にとってみましょう。
 自分の電動車椅子にほとんど手をかけず、販売店から納入されたままの状態で何年も乗り続ける人もいれば、テーブルをつけ、そこに携帯電話を固定し、灰皿を置き、液晶テレビまでも取り付けている人もいます。前者は電動車椅子をまるで「ゲタ代わり」のように乗りこなしているタイプといえるでしょう。
  一方、後者は電動車椅子を自分の「部屋」のようにしているタイプ。
 このように、電動車椅子ひとつをとってみても福祉機器は使う人の個性が強く表れるものです。それはマイカーの使い方にもよく似ています。

 そこで、わたしたちは、福祉機器のユーザーである障がい者の種別や程度だけではなく、そうした個性を福祉機器の開発に反映することはできないものか、と考えています。障がい者の生活から生まれた福祉機器、これが私たちが求める福祉機器です。
電動車いすの修理をしている写真
電動車椅子の修理中〜
ハードバッグと
バックボードのセットを装着!
電動車いすの背にハードバッグと介助者用ボードを取り付けた写真
福祉用具のページへ。画像をクリック→
これまでの実績
                 ○障がい者用トイレ可動手すり・・・ステンレス製の可動手すりを製作し、授産施設に設置。
                 ○車椅子用着脱式ハードバッグ・・・FRP製の着脱式バッグを試作
                 ○テーブルや棚の作成・・・ベニヤやコルク板を使用した手作り感のあるテーブルです。
                 ○車いすの修理など。
研究・開発の流れ
WDRC障がい者サークルによるニーズの整理

エンジニアによる設計・試作

WDRC障がい者サークルによるアセスメント

改良・製品化
もどる